海外での保険商品・サービスの提供

海外での保険商品・サービスの提供

現在、世界には複雑かつ解決が難しいさまざまな社会的課題が存在します。海外においても、商品・サービスを通じ、社会的課題の解決に取り組んでいます。

「太平洋自然災害リスク保険パイロット・プログラム」立上げへの貢献とプログラムへの参加

損保ジャパン日本興亜は、2013年1月に、世界銀行と日本政府が協力して設立した「太平洋自然災害リスク保険パイロット・プログラム」に参加しました。
地球温暖化や気候変動により、サイクロンや津波などの大規模自然災害が増加傾向にあるなか、こうした自然災害により甚大な被害を受ける可能性のある太平洋島嶼国に対する支援策が世界銀行を中心に議論されてきました。
さらに、損保ジャパン日本興亜は気候変動への適応策として、国内外のデリバティブ契約を引き受け、先進的な金融技術・ノウハウの蓄積を図るとともに、2009年5月の太平洋・島サミット(北海道占冠村トマム)における本プログラムの提唱時から検討プロジェクトに参画し、制度実現に向けて民間保険会社として本プログラム立上げを先導し、2013年1月の本プログラムスタート時から参加しています。

開発途上国の気候変動による被害を軽減する『天候インデックス保険』

農業経営のリスクの一つとして、風水害や台風などの自然災害や、低温・日照不足などの天候不順によるリスクがあります。近年、異常気象による大規模災害が増加しているなか、リスクを軽減・回避する「適応」策の一つとして、保険などの金融商品の有効性は世界的にも期待されています。

タイでの天候インデックス保険

損保ジャパン日本興亜グループは、2007年から国際協力銀行(JBIC)などとともに気候変動に対応するリスクファイナンス手法の研究を進め、2010年から、タイ東北部において『天候インデックス保険』の提供を開始しています。
『天候インデックス保険』は、稲作農家の干ばつ被害の軽減を目的として、タイ気象庁が発表する累積降水量が一定値を下回った場合に一定の保険金を支払う商品です。商品開発にあたっては、農家の意見などもヒアリングしながら現地調査を繰り返し、保険に馴染みのない農家の方々向けにシンプルな商品を実現しました。また、安心してご加入いただくために、わかりやすいパンフレットの開発にも力を注ぎました。
この商品の募集は、損保ジャパン日本興亜タイランドが、タイ農業協同組合銀行(BAAC)のローン利用者向けにBAACを通じて行っており、販売当初の2010年度はタイ東北部の1県で販売していましたが、現在の販売地域は17県にまで拡大しています。
2012年以降、タイ東北部には、2年連続で干ばつが発生している地域もあり、保険の必要性が改めて認識されています。今後も気候変動の「適応」策としての保険商品の開発・普及を進めるため、商品内容の改定、タイ国内の他県への展開、対象作物の多様化や他国での展開など幅広く検討していきます。

 

 


<商品説明会と保険金お支払手続き説明会の様子>

インドでマイクロインシュアランスを提供~農村地域の貧困改善と自立支援に寄与する~

2008年、損保ジャパン日本興亜のインド現地法人ユニバーサルソンポ(USGI:UniversalSompo General Insurance Co. Ltd.)では、融資返済能力や医療・健康への備えに乏しい低所得層に対する、マイクロインシュアランス(小規模保険サービス)の提供を開始しました。
USGIは農村地帯を中心に、経済基盤の脆弱な農業従事者向けの家畜保険、農業従事者向けパッケージ保険、傷害保険などの商品を販売しているほか、銀行などによるマイクロファイナンス(貧困者向けの金融)の融資と組み合わせて、5大疾病をカバーする医療保険を提供しています。これらの保険料は、いずれも低廉に設定されており、州政府などが一部補助金を支援して設計されることもあります。
USGIは基礎的な社会保障サービスの一つとしての保険制度を、社会格差の激しいインド社会の貧困層にも普及させることを通じて、貧困改善に継続的に寄与し、持続可能な発展に貢献しています。