交通マナー違反ワースト5

1.一時不停止

「止まれ」の標識のある所では、必ず止まりましょう。
「止まれ」がなくても、見通しの悪いところは必ず止まってください。
飛び出すのは危険です。

2.安全不確認

交差点、広い道に出るとき、カーブするときなど、つねに前方、横に注意し、安全を確かめましょう。

3.信号無視

交通信号を守りましょう。自転車もきちんと交通信号を守らなければいけません。
信号無視は大事故につながります。

4.交差点通行義務違反

右折をするときは自動車と同じ方法でしてはいけません。
歩行者と同様に道路の左側に寄って、交差点の向こう側までまっすぐ進んでから曲がりましょう。

5.ハンドル操作

傘さし運転、手ばなし運転等の無謀な運転によるハンドル操作ミスが原因の事故が増えています。
自転車は正しく乗りましょう。