船舶係船保険

係留中の船舶が海難事故に遭遇したことによって生じた損害を補償します。

保険の特長

船舶を長期間にわたって港や造船所構内など安全な場所に係留する場合にお引き受けする保険です。普通期間保険と同様、通常保険期間は1年です。

主な補償内容

係船保険で保険金をお支払いする損害には以下のものがあります。

  1. 全損
  2. 損害防止費用(船舶の救助費用や裁判のときの弁護士費用など)
  3. 衝突損害賠償金(船舶と衝突した際の相手船および相手船の積荷に対する法律上の賠償責任)
  4. 共同海損分担額
  5. 修繕費I(沈没、転覆、座礁、座州、火災または他物との衝突によるもの)
  6. 修繕費II(爆発、地震、荒天、機器の故障、荷役作業中の事故などによるもの)

1と2の事故に対してのみ保険金をお支払いする「第2種条件」から1から6の事故全てに保険金をお支払いする「第6種条件」まで各種用意しています。

  • 一部、「第6種条件」でお引き受けできないケースもございます。

また「第2種条件」、1から3の事故に対して保険金をお支払いする「第2種RDC条件」に加えて、火災による修繕費に対して保険金をお支払いする条件も発売しています。

契約時の注意点

係留場所の危険性が高いと判断されるときは、お引受けできない場合があります。

事故時の対応に関するご案内

事故時の対応の流れや手続きに関する情報などをご案内します。

  • 下記の「お問い合わせ」入力フォームにてお問い合わせをされる場合は、お問い合わせ内容欄に、「船舶係船保険」に関するお問い合わせである旨ご記入ください。

法人向け商品・お手続きに関するお問い合わせ

お問い合わせの回答につきましては、メールのほか、担当の代理店または営業店よりお電話でご連絡させていただく場合もございます。
また、土日・祝日前後、年末年始等の期間にいただいたご連絡に関しましては、回答が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

SJNK15-50487(2016.2.8)

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。