貿易条件と外航貨物海上保険

国際貿易取引を行う場合、売手と買手の間で、船積の時期、代金の支払、運送方法、保険手配、費用負担などを取決めます。その際に、各々の国での法律、商習慣などによりトラブルが発生するのを防ぐため、売買契約に関する貿易条件が形成されてきました。
現在、世界各国で広く活用されているのが国際商業会議所で作成されたインコタームズ(INCOTERMS)です。インコタームズでは売手と買手の義務を明確にしています。

インコタームズ(INCOTERMS)の主な貿易条件

FOB 条件

FOB 条件とは「Free On Board」の略で、本船渡し条件と呼ばれています。

売手
指定船積港において貨物が本船の船上に置かれる時までの費用と危険の一切を負担します。したがって、売手側は貨物が本船の船上に置かれる時までの保険手配を行う必要があります。
買手
指定船積港において貨物が本船の船上に置かれた時からの費用と危険の一切を負担します。したがって、買手側は貨物が本船の船上に置かれた時からの保険手配を行う必要があります。

CFR(C&F)条件

CFR(C&F)条件とは「Cost and Freight」の略で、運賃込み条件と呼ばれています。

売手
指定船積港において貨物が本船の船上に置かれる時までの危険を負担し、指定仕向地港へ輸送するための必要な運賃を負担します。したがって、売手側は貨物が本船の船上に置かれる時までの保険手配を行う必要があります。
買手
指定船積港において貨物が本船の船上に置かれた時からの危険を負担します。したがって、買手側は貨物が本船の船上に置かれた時からの保険手配を行う必要があります。

CIF条件

CIF 条件とは「Cost, Insurance and Freight」の略で、運賃保険料込み条件と呼ばれています。

売手
指定船積港において貨物が本船の船上に置かれる時までの危険を負担し、指定仕向地港へ輸送するための必要な費用(運賃) を負担します。また、売手は買主負担の危険に対しても保険手配を行う必要があります。したがって、売手側としては、輸出本船に積載する時までの保険手配とともに、買手のために外航貨物海上保険を手配する必要があります。
買手
指定船積港において貨物が本船の船上に置かれた時からの危険を負担しますが、費用(運賃)、保険料込みの価格で購入しているので、自ら保険手配を行う必要はありません。

貿易条件による保険手配

輸出の場合(日本のお客さまが売手となる場合)

貿易条件がCIF条件の場合、売手(日本)側で保険を手配しなければなりません。
また、CFR(C&F)、FOB条件であれば、船積以降買手(海外)側で保険を手配することになります。ただし、この場合、売手の倉庫から輸出本船船積までは無保険状態となります。この区間を補償する商品(輸出FOB保険)もご用意しております。

輸入の場合(日本のお客さまが買手となる場合)

貿易条件がCIF条件であれば売手(海外)側で保険を手配し、CFR(C&F)、FOB条件であれば、海外の仕出港での船積以降の危険については買手(日本)側で保険を手配することになります。

  • 下記の「お問い合わせ」入力フォームにてお問い合わせをされる場合は、お問い合わせ内容欄に、「外航貨物海上保険」に関するお問い合わせである旨ご記入ください。

法人向け商品・お手続きに関するお問い合わせ

お問い合わせの回答につきましては、メールのほか、担当の代理店または営業店よりお電話でご連絡させていただく場合もございます。
また、土日・祝日前後、年末年始等の期間にいただいたご連絡に関しましては、回答が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。