1. ホーム
  2. 法人のお客さま
  3. ART(代替的リスク移転)
  4. キャプティブ
  5. 保険設計の弾力化による特殊リスクへの対応

保険設計の弾力化による特殊リスクへの対応

キャプティブを、一般的には、保険化が困難なリスクへの対応策として活用できる場合があります。

保険設計の弾力化による特殊リスクへの対応

企業のリスクの中には保険会社と企業の情報格差が大きいなど、通常の手法では保険手配が困難なものもあります。
キャプティブを活用することにより、企業と保険会社とがリスクを分けあうすることが可能となり、保険会社の引受機能が補強されることが期待されることで、従来保険化が困難であったリスクを保険化できる可能性が生まれます。

予測困難なリスク

保険会社にとって引受経験がない、社会的に見て事故発生の統計がない、内容が複雑で分析が困難、想定外の潜在リスクが懸念されるといった場合などのリスクをいいます。

逆選択リスク

企業側からみてリスクの予想が容易なリスクで高損害が見込まれるものほど保険加入動機が高まり、保険会社から見ると高損害リスクほど契約者集団に入ってくることが予想されるリスクをいいます。

集積リスク

同時多発的な損害発生が考えられ、十分なリスク分散効果が得られないリスクをいいます。

モラルリスク

偶然性が薄く、企業側が損害の発生や損害額を意識的に加減できるリスク。

  • 下記の「お問い合わせ」入力フォームにてお問い合わせをされる場合は、お問い合わせ内容欄に、キャプティブに関するお問い合わせである旨ご記入ください。

法人向け商品・お手続きに関するお問い合わせ

お問い合わせの回答につきましては、メールのほか、担当の代理店または営業店よりお電話でご連絡させていただく場合もございます。
また、土日・祝日前後、年末年始等の期間にいただいたご連絡に関しましては、回答が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。