積立傷害保険『THE ケガの積立保険』の特長 平成29年1月1日以降の保険始期日(補償が始まる日)のご契約が対象です。 おすすめプラン(まも~るプラン)

ご年齢や条件等により、加入できない場合がありますのであらかじめご了承ください。

このページの内容は保険期間満了時の被保険者ご本人の年齢が満71歳以上満90歳以下となる方が対象です。

  • 保険期間満了時の被保険者ご本人の年齢が満70歳までの方は『THE ケガの積立保険』(まも~るプラン以外)をご確認ください。

日常生活のケガなどのアクシデントに備えたい方に。

まも~るプラン

~日常におけるさまざまなケガ(傷害)を補償するプラン~

  • 国内外を問わず日常のケガを補償(24時間補償)
  • 日帰り入院や通院のみでも補償
  • 傷害入院一時金でまとまった出費に対応

契約プラン

  • 補償プランは下記「基本補償」と「選べる特約」を組み合わせた契約プランの中からお選びいただきます。補償プランの詳細につきましては、パンフレットをご覧ください。
  • 満期返れい金は個別に設定いただきます。
  • 保険期間は3年、4年または5年からお選びいただきます(ただし、市場金利の水準により販売を制限することがあります。)。
  • 補償の対象となる方はご本人のみとなります。
  • 補償の対象となる方は保険期間満了時の年齢が満71歳以上満90歳以下の方になります。

基本補償(ケガの補償)の対象事故

日本国内および国外で生じた事故(交通事故やその他「急激かつ偶然な外来の事故」をいいます。以下同様とします。)によるケガ*が対象です。
(仕事中やスポーツ中の事故も対象となります。)

  • *身体外部から有毒ガスまたは有毒物質を偶然かつ一時に吸入・吸収した場合に急激に生ずる中毒症状を含みます。ただし、細菌性食中毒、ウイルス性食中毒は含みません。以下同様とします。

基本補償(ケガの補償)の主な内容

死亡・後遺障害*

対象となる傷害事故の発生の日からその日を含めて180日以内に、亡くなられた場合や重度の後遺障害を被られた場合、死亡・後遺障害保険金をお支払いします(死亡・後遺障害保険金は、保険年度単位に、死亡・後遺障害保険金額を限度とします。)。

  • *後遺障害等級限定補償特約(第1級~第3級)がセットされます。対象となる所定の重度後遺障害につきましては、下表をご確認ください。
後遺障害等級 後遺障害 保険金支払割合
第1級
  • 両眼が失明したもの
  • 咀(そ)しゃくおよび言語の機能を廃したもの
  • 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 両上肢をひじ関節以上で失ったもの
  • 両上肢の用を全廃したもの
  • 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
  • 両下肢の用を全廃したもの
100%
第2級
  • 1眼が失明し、他眼の矯正視力が(視力の測定は万国式試視力表によるものとします。以下同様とします。)が0.02以下になったもの
  • 両眼の矯正視力が0.02以下になったもの
  • 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 両上肢を手関節以上で失ったもの
  • 両下肢を足関節以上で失ったもの
89%
第3級
  • 1眼が失明し、他眼の矯正視力が0.06以下になったもの
  • 咀(そ)しゃくまたは言語の機能を廃したもの
  • 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 両手の手指の全部を失ったもの(手指を失ったものとは、母指は指節間関節、その他の手指は近位指節間関節以上を失ったものをいいます。)
78%

上記以外でも後遺障害が2種類以上生じた場合等、お支払いできるときがあります。

入院補償(入院1日目から補償)

入院の日数に対し、30日*を限度として、1日につき、入院保険金日額をお支払いします。

  • *入院保険金支払限度日数変更特約(支払限度日数30日)がセットされます。

手術補償

事故によりケガをされ、そのケガの治療のために病院または診療所において、所定の手術を受けた場合、入院中に受けた手術は入院保険金日額の10倍、外来で受けた手術は入院保険金日額の5倍の額をお支払いします(1事故につき1回の手術にかぎります。)。

  • (注)手術の種類によっては、お支払いの対象とならない手術があります。お支払いの対象となる手術については、普通保険約款をご覧ください。

通院補償(通院1日目から補償)

対象となる傷害事故の発生の日からその日を含めて1,000日以内の通院*1の日数に対し、30日*2を限度として1日につき、通院保険金日額をお支払いします。

  • *1通院されない場合であっても、骨折、脱臼、靭帯損傷等のケガをされた部位(脊柱、肋骨、胸骨、長管骨等)を固定するために医師の指示によりギプス等を常時装着したときはその日数について通院したものとみなします。
  • *2通院保険金支払限度日数変更特約(支払限度日数30日)がセットされます。

傷害入院一時金

上記入院補償の保険金をお支払いする場合に、実際に入院した日数が30日以上となったときに傷害入院一時金をお支払いします。

選べる特約

基本補償に加え、以下の特約をセットすることができます!

個人賠償責任補償特約

日本国内・国外を問わず、日常生活中の偶然な事故で、他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりしたこと等によって法律上の損害賠償責任を負われた場合、被保険者の負担する損害賠償金および費用(応急手当・護送費用・訴訟費用等)の合計金額をお支払いします。ただし、1回の事故につき損害賠償金は1億円を限度とします。なお、ご家族全員が補償の対象となります。

  • (注)「示談交渉サービス(国内で発生した事故のみ)」がご利用いただけます。

携行品損害補償特約

日本国内・国外を問わず、偶然な事故による、被保険者が所有する持ち物(携行品)の破損・盗難などを補償します。(自己負担額 1事故につき3,000円)
お支払いする保険金の額は、1保険年度ごとに30万円が限度となります。

  • 携行品とは、被保険者の居住の用に供される保険証券記載の住宅(物置、車庫、その他の付属建物を含み、敷地は含みません。)外において被保険者が携行している身の回り品をいいます。
  • 置き忘れ・紛失は補償の対象外となります。
  • 一部補償の対象とならないもの(携行品に含まれないもの)があります。

付帯サービスについて

「まも~るプラン」にご加入のご契約者さま・被保険者の方限定の付帯サービス(無料)があります!

保険の新規ご加入や保険料見直しのご相談

いただいたお問い合わせにつきましては、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜よりお電話・メール等にて回答させていただきます。
なお、土日・祝日・年末年始およびその前日等にいただいたお問い合わせにつきましては、回答が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。