1. ホーム
  2. トピックス
  3. 旧日本興亜損保
  4. 2013年度
  5. 「HDI 問合せ窓口格付け調査結果」損害保険会社部門において2部門で最高ランクである『三つ星』を獲得

「HDI 問合せ窓口格付け調査結果」損害保険会社部門において2部門で最高ランクである『三つ星』を獲得

2013年11月13日

日本興亜損害保険株式会社(社長:二宮雅也)は、11月13日にHDI-Japan*1(ヘルプデスク協会/運営会社:シンクサービス株式会社、社長:山下辰巳)が主催する「HDI 問合せ窓口格付け調査結果」*2の損害保険会社部門において、「問合せ窓口(コールセンター)部門」、「サポートポータル(オフィシャル・ホームページ)部門」の2部門で最高ランクである『三つ星』を取得しました。
「問合せ窓口部門」については、「顧客の状況を考慮しながらサポートしようとする姿勢に大変好感が持てた。顧客に共感し協力的な姿勢を示しながら、自社商品のメリットも伝えており、実際に契約したいと思った。」など高い評価を受け、同部門において、2年連続『三つ星』を獲得することができました。
また、「サポートポータル部門」については、「コンテンツの視認性、検索性が高く、よくあるご質問(FAQ)の操作性も良い。またどの画面からでもよくあるご質問(FAQ)に遷移できるので使い勝手がよく、電話をしなくともほとんどの疑問は解決できる。」など高い評価を受け、同部門において、当社として初めて『三つ星』を獲得することができました。

  • *1HDI-Japan とは、1989年に設立された IT サポートサービスにおいて世界最大の会員を擁する国際機関 Help DeskInstitute(HDI)の日本における団体です。現在、HDI は米経済誌フォーチュン・世界企業上位500社の90%を含む50,000社の会員を有し、世界中に100の支部を有しています。
  • *2 「HDI 問合せ窓口格付け」とは、一般消費者の審査員および専門の審査員が、顧客視点で各企業の「問合せ窓口」と「サポートポータル」のパフォーマンスおよびクオリティを評価するもので、「問合せ窓口部門」と「サポートポータル部門」のそれぞれの部門について三つ星~星なしの4段階で格付けを行っています。

また、NKSJグループにおいては、同じ損害保険会社部門で株式会社損害保険ジャパンが「問合せ窓口部門」、「サポートポータル部門」の2部門で『三つ星』を獲得し、セゾン自動車火災保険株式会社が「サポートポータル部門」で『三つ星』を獲得しました。生命保険会社部門では、損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険株式会社が「サポートポータル部門」で5年連続、「問合せ窓口部門」で7年連続の『三つ星』を獲得しました。

NKSJグループでは、今後もお客さま窓口の改善を続け、お客さまへ質の高いサービスを提供していきます。

<参考>

「Help Desk Institute(HDI)」のウェブサイト

「Help Desk Institute(HDI)」の格付け調査結果

以上