2019年10月1日以降の保険始期日(補償が始まる日)のご契約が対象です。 お支払いする損害保険⾦の額

保険金額を限度に損害額から自己負担額を差し引いた額をお支払いします。

建物

次の算式により算出した額とします。ただし、火災保険の保険金額を限度とします。

  • *1損害額とは、協定再調達価額を基準として算出し、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な費用をいいます。(協定再調達価額限度)
  • *2建物を復旧できない場合または建物の損害の額が協定再調達価額に達した場合は、自己負担額を差し引かず、協定再調達価額を損害保険金としてお支払いします。ただし、火災保険の保険金額を限度とします。
  1. (注1)自己負担額0円を選択した場合でも不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)の自己負担額は1万円となります。
  2. (注2)ご契約いただくプランや保険の対象などにより、お支払いする保険金の額が上記算式とは異なる場合があります。

家財

次の算式により算出した額とします。ただし、火災保険の保険金額を限度とします。

  • *1損害額とは、再調達価額を基準として算出し、保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために 必要な費用をいいます。(再調達価額限度)
    ただし、明記物件の場合は時価額を基準に算出します。
  1. (注1)自己負担額0円を選択した場合でも不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)の自己負担額は1万円となります。
  2. (注2)ご契約いただくプランや保険の対象などにより、お支払いする保険金の額が上記算式とは異なる場合があります。

盗難の補償限度額(次のものは、以下を限度にお支払いします。)

盗難の対象 限度額
1 明記物件 1回の事故につき、1個または1組ごとに100万円または家財の保険金額のいずれか低い額
2 通貨等、印紙、切手、乗車券等 1回の事故につき、1敷地内ごとに20万円
3 預貯金証書 1回の事故につき、1敷地内ごとに200万円または家財の保険金額のいずれか低い額
  • 2、3については、自己負担額を差し引かず損害額をお支払いします。

個人用火災総合保険 『THE すまいの保険』に関するよくあるご質問

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。