1. ホーム
  2. トータルライフアドバイザー採用情報
  3. トータルライフアドバイザーとは

トータルライフアドバイザーとは

当社は、1971年から保険代理店になるための教育制度(現在の名称はトータルライフアドバイザー制度)をスタート。「保険のプロフェッショナル」の育成支援をしています。
損保ジャパン日本興亜の嘱託社員として最長5年間の研修期間を経て、退職後に保険代理店(従業員・店主)としての活躍を目指す制度です。

保険のプロフェッショナル

トータルライフアドバイザーの役割

人々は日々、生活や仕事の中に潜むさまざまなリスクと向き合い不安や心配とともに暮らしています。
それらを「保険」という商品を通じて解消し、安心して毎日過ごせるようにすること。これこそが「保険のプロフェッショナル」であるトータルライフアドバイザーの重要な役割です。

一人ひとりのお客さまに、
最適な保険をご提案する。

内容や必要性、補償内容を正しく理解して保険に加入していただくことはとても大切です。だからこそ、「保険のプロフェッショナル」が求められます。最適な保険をご提案するためには、お客さまと向き合う真摯な姿勢と高い専門知識が必要です。

一つひとつの安心から、
社会全体の安心をつくる。

一人ひとりのお客さまに最適な保険をご提案することで、確かな安心が生まれます。トータルライフアドバイザーの熱い想いと地道な営業活動によって、一つひとつの安心が積み重なり、社会全体の大きな安心につながります。