暮らしと保険 地震保険の概要

地震保険の対象となるもの

地震保険の対象となるものは、居住用建物(住居専用の建物または店舗兼住宅の建物など)および居住用の建物に収容されている家財一式(生活用動産)にかぎられています。

補償される損害

地震もしくは噴火またはこれらによる津波(以下「地震等」といいます。)を原因とする火災、損壊、埋没、流失によって保険の対象に生じた損害を補償します。建物または家財が全損、大半損、小半損または一部損となったときに保険金を支払います。

例)

  • 地震により建物が倒壊した
  • 地震により発生した火災で建物および家財が焼失した
  • 地震により発生した津波で建物が流失した
  • 地震により土砂崩れが発生し、建物が埋没した
  • 火山の噴火により建物が倒壊した など

【保険金のお支払い】

損害の程度 お支払いする保険金
全損 地震保険の保険金額の100%
大半損 地震保険の保険金額の60%
小半損 地震保険の保険金額の30%
一部損 地震保険の保険金額の5%
  • 地震等の発生日から10日経過後に生じた損害、地震等の際の紛失・盗難によって生じた損害等は保険金のお支払いの対象にはなりません。
  • 上記は地震保険期間の初日が平成29年1月1日以降の場合のお支払い方法です。

 

地震保険未加入のお客さまへ

地震等による火災損害(延焼損害も含みます。)は、火災保険では保険金をお支払いできません。すでにご加入の火災保険に地震保険が付帯されていない場合は、保険期間の中途でも地震保険にご加入いただくことができますので、ご検討ください。

地震保険はお住まいの所在地、建物の構造などにより保険料が異なります。また、地震保険特有の割引制度もございます。地震保険*についてさらに詳しい内容をお知りになりたい場合は、以下のページをご覧ください。

  • *特約火災保険にご加入のお客さまは下記よりクリックしてご覧ください。

本ページの内容に関して

詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。