1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 商品基礎知識
  4. 暮らしと保険
  5. 火災保険の対象となるもの

暮らしと保険 火災保険の対象となるもの

保険をつける対象となるものを「保険の対象」といい、ご契約の際にこの保険の対象を特定する必要があります。
個人のお客さまの場合、保険の対象はご自身が所有する住居として使用される「建物」と「家財」になります。
建物に火災保険をつけただけでは家財の損害は補償されません。このように、保険の対象に特定されていないものが損害を受けても一切補償されませんので、注意が必要です。
それでは、損保ジャパン日本興亜の火災保険のうち、『THE すまいの保険』を例に、保険の対象の範囲について見てみましょう。

<1>特別の取り決めがないかぎり保険の対象に含まれるもの

『THE すまいの保険』では、特別の取り決めがないかぎり以下のものも保険の対象に含まれます。

【建物を保険の対象とした場合】 【家財を保険の対象とした場合】
  • 門、塀、垣、物置、車庫その他の付属建物
  • 畳、建具その他の従物、電気、ガス、冷暖房設備その他の付属設備

など

  • 被保険者の親族が所有する家財で保険証券記載の建物内収容のもの

<2>明記すれば保険の対象に含まれるもの

家財を保険の対象とする場合、保険証券に明記(契約時に申込書に明記)すれば、保険の対象に含まれるものを「明記物件」といいます。これらは、保険の対象を家財としただけでは補償されませんので、補償をご希望される場合は必ず申し出のうえ、申込書に明記する必要があります。

1個または1組の価額が30万円を超える貴金属、宝石、書画、骨とう、彫刻物その他の美術品など 申込書に明記しないとご契約の対象となりません。(注)
稿本(本などの原稿)、設計書、図案、証書、帳簿その他これらに類するもの 申込書に明記しないとご契約の対象となりません。
  • (注) 『THE すまいの保険』で家財を保険の対象としている場合に、万が一申込書に明記し忘れた場合には、保険期間を通じ1回の事故にかぎり、ご契約の対象に含むものとします。ただし、損保ジャパン日本興亜が支払う損害保険金の額は、1個または1組につき30万円を限度とし、1回の事故につき、300万円または家財の保険金額のいずれか低い額を限度とします。

保険証券をご確認いただき、保険の対象が何になっているか、「明記物件」に該当する物について保険のつけ忘れがないか、ぜひご確認ください。

本ページの内容に関して

詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜にお問い合わせください。