個人用火災総合保険『THE すまいの保険』 平成28年8月1日以降の保険始期日(補償が始まる日)のご契約が対象です。 家財の補償:保険金額の設定方法

保険金額の設定方法

家財の新価(同等のものを新たに購入するために必要な金額)いっぱいに保険金額を設定することをおすすめします。ただし、家財の新価の範囲内で保険金額を設定したいというお客さまの声にもお応えし、『THE すまいの保険』では、新価の範囲内で、自由に保険金額を設定できるようにしております。

新価の範囲内で、自由に保険金額を設定

保険の対象となる家財の新価の範囲内で自由に保険金額を設定していただけます。

「新価1,500万円」「時価1,000万円」の家財をお持ちで、「保険金額600万円」に設定した場合の受取保険金の違い 『THE すまいの保険』の場合(*1)保険金額を限度に損害額全額をお支払い!(自己負担額は差し引かれます。) 従来の火災保険の場合(*2)損害額を下回る金額で不十分
  • *1上記「『THE すまいの保険』の場合」は、保険金のお支払い方法が、「新価・実損払」の場合です。
  • *2従来の火災保険とは、住宅総合保険など(価額協定保険特約をセットしない場合)をいいます。
家財を保険の対象とした場合のご注意
  1. (1)お申込みの際にご申告いただかなければ、補償されないものがあります。貴金属、宝玉および宝石ならびに書画、骨董(こっとう)、彫刻物その他の美術品で、1個または1組の価額が30万円を超えるもの(以下「貴金属・宝石等」といいます。)や、稿本や設計書などは、お申込み時にご申告いただき、保険証券に明記されなければ補償されません。またこれらのものは、明記物件といい、損害額の算出は時価額を基準とします。
  2. (2)明記し忘れた貴金属・宝石等の取扱い
    貴金属・宝石等を保険証券に明記し忘れた場合であっても保険期間を通じて1回の事故にかぎり、これを保険の対象に含むものとします。この場合、損害の額が1個または1組ごとに30万円を超えるときは、その損害の額を30万円とみなします。ただし、1回の事故につき、300万円または保険の対象である家財の保険金額のいずれか低い額を限度とします。
  3. (3)盗難の補償限度額(損害額を限度に以下のとおりお支払いします。)
    • 明記物件の盗難の場合は、1回の事故につき、1個または1組ごとに100万円または家財の保険金額のいずれか低い額を限度とします。
    • 上記にかかわらず、通貨等、預貯金証書等の盗難の場合は、1回の事故につき、1敷地内ごとに、下表の金額を限度として、損害額をお支払いします。
事故の種類 限度額
通貨等、印紙、切手、乗車券等の盗難 20万円
預貯金証書の盗難 200万円または家財の保険金額のいずれか低い額
  • スリム(Ⅰ型)、スリム(Ⅱ型)では盗難による損害は補償されません。

個人向け火災保険トップへ戻る

保険料のチェック・加入のご相談はこちら!

簡単1分! 保険料クイック試算 お申し込みのご相談

保険に加入中のお客さまに便利なインターネットサービス

マイページへご登録いただくと、契約内容の確認などが行えます。

マイページ ご案内 24時間受付中!
ログイン

商品・ご加入に関するご相談

既にご加入中のお客さま

お問い合わせ、お手続きはご契約の代理店で承っています。

代理店がご不明な場合はこちら

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。