勤労者財産形成融資住宅特約火災保険 控除の対象となる保険料について

当年の1月から12月に支払った保険料が対象になります。ただし、1年を超える契約で保険料を一括払した契約の場合は、毎年の始期応当月日に保険料を支払っているものとみなします。

  • (例)平成28年4月1日始期・保険期間5年の特約地震保険(地震保険料5万円)にご加入の場合
    平成28年・29年・30年・31年・32年の各年4月1日に1万円ずつお支払いいただいたものとみなします。

控除の対象となる保険料の算出方法

  • 保険期間の中途で契約を解約・変更された場合は、計算方法が異なる場合があります。

地震保険料控除

地震保険の保険期間 算出式
1年超の契約の場合 地震保険料÷地震保険期間(年)
1年契約の場合 地震保険料(1年分)
  • 下記の「お問い合わせ」入力フォームにてお問い合わせをされる場合は、お問い合わせ内容欄に、「勤労者財産形成融資住宅特約火災保険」に関するお問い合わせである旨ご記入ください。

勤労者財産形成融資住宅特約火災保険について詳しく知りたい方はこちら

0120-313-433(通話料無料) 特約火災保険部 平日:午前9時~午後5時(土日・祝日、12月31日~1月3日は休業)休日・祝日明けはお電話が混み合う場合がございます。

お問い合わせに関するご案内

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。