火災保険の適正な募集態勢等にかかる点検状況について

このページは旧損保ジャパンの情報を掲載しています。

2007年3月30日

株式会社損害保険ジャパン(社長:佐藤 正敏)では、火災保険契約の適正化を進める観点から、適正な募集態勢等の点検を実施しています。
このたび、その一環として本年1月から実施しておりました、構造級別判定に誤りの可能性がある火災保険契約の一斉点検が、ほぼ完了しましたので、お知らせいたします。
なお、今後、新規ご加入時・満期更改時には、火災保険の適正引受のために契約対象となる建物や希望されるご契約条件などを正確にお伺いするために新設しました「ご契約内容確認シート」を用いて、適正な引受および過去契約における誤りの有無などの点検に努めます。
また、新規ご加入時・満期更改時の点検および長期契約のお客さまへのご案内文書の送付による点検は、2008年3月末の完了を目途に引き続き実施していきます。

1.一斉点検の内容

  • (1)点検内容
    システム保有している火災保険契約データのうち、構造級別決定や割引適用の要件にかかる データ(例えば構造にかかる文字データや建築年数)を含む契約について、構造級別・適用割引等の適正性を点検しました。
    具体的には、料率適用誤りが生じている可能性のある以下の契約について、該当契約をリストアップし、取扱代理店がお客さまに対して改めて物件の確認を行い(住宅金融公庫等特約火災についてはお客さま宛ダイレクトメール)、構造・用法、各種割引適用、保険価額・保険金額の設定等契約内容の適正性を点検しました。
    ○外壁コンクリート造(ALC造等)の木骨建物
    ○省令準耐火建物(主に2×4建物)
    ○マンション料率建物
  • (2)点検結果(速報値)

    • 1.上記点検結果には、住宅金融公庫特約火災保険等の件数を含みます。
    • 2.上記「点検完了」とは、是正の要否が確認できたものです。
    • 3.上記「返戻保険料」は、是正手続完了分の集計値です。

    点検の結果、保険料誤りが判明した契約については、ご契約の内容を是正し、お支払いいただいた保険料と正当な保険料との差額の返還手続きを行っています。また、過去の契約が確認できる場合には、遡って契約の是正および保険料の返還を行っています。

2.原因
火災保険における契約の適正性を確保するためには、社員・代理店が保険商品・保険料適用ルールを熟知し、建物の構造など保険料算出のために必要な情報を的確に把握して正しいご契約内容を提示する態勢が極めて重要であるにもかかわらず、当社として、商品の多様化等も踏まえた社員・代理店に対する教育・指導態勢、およびお客さまへの説明態勢を十分に整備できていなかったことが主要な原因と認識しています。

3.再発防止のための態勢整備

  • (1)代理店等への指導・支援態勢の整備
    • [1]「ルールブック」の刷新
      火災保険の引受にあたっての構造級別判定ルール、保険価額評価ルールおよび割引適用ルールは、それぞれ各物件料率表、簡易評価ハンドブックおよび各商品規定における割引規定において定めていました。それらのルールを体系的に理解できるように、構造級別判定、保険価額評価および割引適用など、保険料算出にかかわる主要な引受時のルールを一冊にまとめたルールブックを新設し、代理店に本年2月に提供しました。
    • [2]代理店用チェックシートの提供
      上記[1]のルールブックのポイントをまとめ、代理店が募集時に使用する適正引受のためのチェックシート(虎の巻)として本年1月に提供しました。
    • [3]指導・教育教材の配布
      代理店に適正な構造級別判定および保険価額評価を徹底するために、代理店向け機関誌に、契約引受時における構造級別判定および保険価額評価に関する特集を掲載し(昨年8月、10月および本年1月)、これらに関する教材用のビデオを作成し本年3月に配布しました。
  • (2)お客さまへの説明態勢
    • [1]お客さま向けガイドチラシの作成・使用
      現行、火災保険募集に使用しているパンフレット・重要事項説明(契約概要)・しおりなどについて、適正な引受に関する情報(構造評価・価額評価、保険金額設定、適用できる割引等について)が適切に提供されているかという観点からの点検を行い、構造級別判定、保険価額評価および割引適用など、3(1)のルールブックのポイントをお客さま向けに説明するためのガイドちらしを本年1月に提供しました。
    • [2]更改申込書への注意喚起表示
      構造級別判定および保険金額設定に関する注意喚起をすることを目的に、本年2月からは、更改申込書および更改おすすめ提案書に、保険金額設定に関する注意喚起文言に加え、構造級別判定および割引適用に関する注意喚起文言を掲載しました。
    • [3]ご契約内容確認シートの作成・使用
      個人のお客さま向けの保険申し込みの際、保険金額設定や保険料算出の適切性についてお客さま自身に確認いただく「ご契約内容確認シート」を新設し、4月から導入することとしました。また、お客さまに「ご契約内容確認シート」をご記入いただくにあたって、シート各項目の解説・確認方法や申込書の確認箇所について分かりやすく解説したお客さま・代理店向けのガイドブック「ご契約にあたって」を3月に提供しました。

4.お客さまのお問い合わせ窓口について

フリーダイヤル: 0120-238-381
受 付 時 間: 平日    午前9時~午後8時
                        土日・祝日    午前9時~午後5時(12月31日~1月3日は休業)

以上