業務改善計画について

このページは旧損保ジャパンの情報を掲載しています。

2006年6月26日
株式会社損害保険ジャパン
取締役社長 佐藤 正敏

弊社は、平成18年5月25日付け業務改善命令に基づき、本日、金融庁に業務改善計画を提出いたしました。

今回の行政処分に関しましては、お客さま、関係者をはじめ多くの皆さまに多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

弊社は、今回の行政処分を厳粛に受け止め、これまでの社内態勢を白紙に戻して見直し、改めて「お客さまの視点」と「社会から見た視点」に立脚して、業務運営の透明性・公正性・適切性を確保するとともに、再発防止に向けて全社を挙げて業務改善計画の着実な実行に取り組み、これらの取組みを通じてお客さまからの、さらには社会からの信頼の回復に全力で努めます。

また、新経営陣は、今般の事態に至ったことを深く反省し、過去から決別する強い意思の下、「社外の目」を取り入れた透明性の高いコーポレート・ガバナンス体制を構築し、その監督の下で経営管理・内部管理態勢をはじめとする各種社内態勢を抜本的に見直すとともに、業務改善計画の実行を経営の最重要課題として取り組んでまいります。

さらに、全役職員の意識と行動の変革を促進し、弊社経営理念である「お客さまの期待を絶えず上回るサービスを提供する」企業を目指してまいります。

以上