ボイラー事故とボイラ保険の移り変わり

ボイラー事故の移り変わり

1.大正~昭和10年頃

当時のボイラーはコルニッシュ、ランカシャ、横置多管式で過半数を占め、事故の形態は破裂が極めて多く発生していました。事故原因は、まだボイラーの製作技術が未熟で構造規格も確立していない時代であり、工作不良や構造欠陥も大きな割合を占めていました。

ランカシャボイラーの破裂、飛出し

2.昭和11年~20年

ボイラーの種類は、依然としてコルニッシュ、ランカシャ、横置多管式が過半数を占めていましたが、水管式が増えてきました。燃料はほとんどが石炭であり、手動による運転でした。事故の形態としては低水事故が多くなっており、その原因は水面計の監視不十分などの操作ミスによるものでした。

水管式ボイラーのガス爆発により水冷壁管が大きく湾曲し、四隅は破口

3.昭和21年~30年

ボイラーの種類は、コルニッシュ、ランカシャ、横置多管式がまだ多い状況でしたが、ビルの暖房用に鋳鉄製組合せ式ボイラー(以降、鋳鉄製ボイラー)が増えてきました。そのためボイラー本体の鋳鉄部分に亀裂事故が発生し始めました。燃料は石炭から重油に転換した時期であり、ガス爆発が少しずつ発生してきました。

4.昭和31年~40年

ボイラーの種類は、旧タイプの炉筒ボイラーが減少し、炉筒煙管式や水管式がさらに増えてきました。燃料は、重油規制の緩和に伴い石炭から重油に切り替わってきましたので、事故の種類はガス爆発事故が多くなってきました。

炉筒煙管式ボイラーの低水事故による炉筒の膨出、破口

5.昭和41年~50年

ボイラーの種類は旧タイプの炉筒ボイラーが一段と減少し、水管式、炉筒煙管式、鋳鉄製がほとんどとなり、全設置基数も大幅に増えてきました。事故の種類は、運転の負荷が高くなったためか水管の破裂が多くなりました。ガス爆破や低水事故も同程度の割合で発生しており、炉筒煙管式ボイラー本体が低水事故により炉筒が破裂し10mも飛出した大災害(いわゆる飛動事故)が発生しました。

鋳鉄製ボイラーの亀裂漏洩

6.昭和51年~平成元年

労働省から事故防止のために、「ボイラーの低水位による事故の防止に関する技術上の指針」と「油炊きボイラー及びガス炊きボイラーの燃焼設備の構造及び管理に関する技術上の指針」が示され、低水事故とガス爆発事故は減少してきました。そのため鋳鉄製ボイラーの亀裂事故の発生割合が相対的に高くなってきました。

7.平成元年~

この頃からボイラーの種類は多管式小型貫流ボイラーが多数設置され、性能検査が必要な炉筒煙管式ボイラーや水管式ボイラーは激減し、事故件数も減少してきました。多管式貫流ボイラーは、重大事故の発生はありませんが、スケール付着による水管の過熱、破裂事故が多くなってきました。

小型貫流ボイラーのスケール付着による水管の閉塞、過熱、破口

法人向け商品・お手続きに関するお問い合わせ

お問い合わせの回答につきましては、メールのほか、担当の代理店または営業店よりお電話でご連絡させていただく場合もございます。
また、土日・祝日前後、年末年始等の期間にいただいたご連絡に関しましては、回答が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。