一般自動車保険『SGP』 平成28年1月1日以降の保険始期日(補償が始まる日)のご契約が対象です。 補償内容:【ご自身】【人】の補償

人身傷害保険

万が一のケガにも安心の補償を!

お客さまご自身、ご家族、ご契約の自動車に搭乗されている方が事故でケガをされた場合は、治療費などさまざまな出費が生じます。

補償の概要

ご契約の自動車に搭乗中の方などが自動車事故*1により亡くなられたり、ケガをされたりした場合に生じる逸失利益や治療費などについて、1回の事故につき被保険者1名ごとに、保険金額を限度に保険金をお支払いします。また、入通院日数が5日以上となった場合は、入通院定額給付金*2をお支払いします。

  • *1ご契約の自動車の運行によって生じた事故や運行中の飛来中・落下中の他物との衝突などをいいます。
  • *2ご契約時に10万円または20万円をお選びいただけます。

【ご注意】

重度の後遺障害が生じた場合(神経系統や胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護が必要な状態などをいいます。)は、保険金額の2倍を限度に保険金をお支払いします。

オプションお客さまのご希望により付帯できます。人身傷害車外事故特約

人身傷害保険で補償の対象となる事故を「ご契約の自動車に搭乗中の事故」だけでなく「他の自動車に搭乗中の事故」や「歩行中や自転車を運転中など車外での自動車事故」に拡大する特約です。

【ご注意】

記名被保険者が法人の場合は、個人被保険者を設定しているご契約のみ付帯することができます。

補償範囲

  • *1「お客さまご自身およびご家族」とは、次の[1]から[4]の方をいいます。
    [1]記名被保険者、[2][1]の配偶者、[3][1]または[2]の同居のご親族、[4][1]または[2]の別居の未婚のお子さま
  • *2「他の自動車」には、記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族が所有または主に使用する自動車を含まないなど、一定の条件があります。
  • *3 記名被保険者が個人の場合(記名被保険者が法人で個人被保険者を設定している場合を含みます。)は、他車運転特約または他車運転特約(二輪・原付)により補償の対象となることがあります。ただし、「他の自動車」が次の自動車で、運転中の場合に限ります。
    • ご契約の自動車が自家用8車種の場合は、自家用8車種の自動車
    • ご契約の自動車が二輪自動車・原動機付自転車の場合は、二輪自動車・原動機付自転車
  • *4車両所有者がご契約の自動車にひかれた場合など一部補償されます。

記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族のいずれかの方が、人身傷害車外事故特約を付帯した自動車保険を既にご契約の場合は、車外での自動車事故に対する補償が重複することがありますので、他のご契約の補償内容を十分にご確認ください。

被保険者の過失にかかわらず、損害額をまとめて補償します。

損保ジャパン日本興亜のお支払いする基準により、示談の結果を待たずに損害額全額をお受け取りいただくことが可能です。

【ご注意】

  1. 損害額の認定は、約款に定められた基準に従い損保ジャパン日本興亜が行います。そのため、裁判や示談による認定額と異なる場合があります。
  2. 相手の方から既に受領済の賠償金や自賠責保険、労働者災害補償制度によって既に給付が決定した金額または支払われた金額などについては、その額を差し引いて保険金をお支払いします。

お支払いする保険金

【ご注意】

損害額の認定は、約款に定められた基準に従い損保ジャパン日本興亜が行います。

保険金額の目安はこちら

お客さま一人ひとりに合った必要補償額をおすすめします。

おすすめの特約

万が一の時の補償を手厚くしたい。そんなときには・・・

一般自動車保険『SGP』トップに戻る

法人向け商品・お手続きに関するお問い合わせ

お問い合わせの回答につきましては、メールのほか、担当の代理店または営業店よりお電話でご連絡させていただく場合もございます。
また、土日・祝日前後、年末年始等の期間にいただいたご連絡に関しましては、回答が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。