主な天候リスクと企業利益の関係

収益が天候に影響される企業は、国内全体の4分の3にも達すると言われています。

天候リスクと各業界利益の関係

次の図は各業界とその業界がさらされる天候リスクの一例です。

冷夏だと利益減 電力会社
飲料製造、販売
エアコンメーカー、販売
プール、海の家
水着メーカー、販売
ビアガーデン
冷菓製造、販売
その他夏物製品製造、販売           など
多雨だと利益減 遊園地
外食産業
生鮮食料品販売
ゴルフ場
デパート
生菓子製造販売
建設業者
農業関連              など
台風が多いと利益減 イベント業者
運送運輸関係(船舶、航空)
農業関連地方自治体 プール、海の家
テーマパーク            など
暖冬だと利益減 ガス会社
灯油販売
暖房機器製造、販売
冬物衣料製造、販売
冬物食品製造、販売
スキー場(少雪)          など
雪による利益減 (多雪)
ゴルフ場
運送運輸関係(船舶、航空)
地方自治体(除雪費用)       など
(少雪)
スキー場
除雪業者
雪関連器具販売           など
  • 下記の「お問い合わせ」入力フォームにてお問い合わせをされる場合は、お問い合わせ内容欄に、「天候デリバティブ」に関するお問い合わせである旨ご記入ください。

法人向け商品・お手続きに関するお問い合わせ

お問い合わせの回答につきましては、メールのほか、担当の代理店または営業店よりお電話でご連絡させていただく場合もございます。
また、土日・祝日前後、年末年始等の期間にいただいたご連絡に関しましては、回答が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

SJNK13-60499(2014.9.1)

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。