ファイナイトとは

保険化が困難なリスクを、限定的に保険会社に移転させる手法の1つです。

ファイナイトとは

「ファイナイト」とは保険引き受けの手法を意味し、特定の保険の種類を指すものではなく、一概に「ファイナイト保険」といっても、その契約形態は個々の契約毎に異なります。その中で、全てのファイナイト保険に共通する特徴としては、「保険会社に移転されるリスクが限定されている(FINITE)」ということがあげられます。

「保険会社に移転されるリスクが限定されている」とは?

  • 保険期間中の損害実績により、返戻または追徴保険料が生じる場合があること
  • 1事故あたり、1年間あたり、および保険期間通算での保険金支払い限度額が設定されていること
  • 大数の法則が働く従来型の保険に比べ、保険金額に対する保険料の割合が高いこと

といった契約形態を意味します。

「保険会社に移転されるリスクが限定される」ということは、お客さま側からみれば、保険に転嫁できるリスク量がかぎられる、すなわちリスクを保険会社と分担するということになります。ファイナイトは「リスクの保有」と「リスクの移転」を組み合わせた利益と損失を企業と保険会社の間で分けあう機能を有するリスク・ファイナンス手法といえます。 この機能により、従来対応できなかった特殊なリスクへの対応が可能になるほかファイナイト導入後も企業が損失軽減に対する動機を持ち続けることが期待できるため、モラルハザードをきたすおそれも軽減できます。

ファイナイト保険 スキームイメージ

プレファンド型の場合

  • 下記の「お問い合わせ」入力フォームにてお問い合わせをされる場合は、お問い合わせ内容欄に、「ファイナイト」に関するお問い合わせである旨ご記入ください。

法人向け商品・お手続きに関するお問い合わせ

お問い合わせの回答につきましては、メールのほか、担当の代理店または営業店よりお電話でご連絡させていただく場合もございます。
また、土日・祝日前後、年末年始等の期間にいただいたご連絡に関しましては、回答が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。