1. ホーム
  2. 環境・美術・社会貢献
  3. 環境
  4. バリューチェーン全体で取組む環境負荷削減
  5. CSR・環境推進体制 ~CSR・環境マネジメントシステム~

CSR・環境推進体制 ~CSR・環境マネジメントシステム~

CSR・環境推進体制 ~CSR・環境マネジメントシステム~

損保ジャパン日本興亜グループでは、本業を通じたCSRを実践・推進するための基盤として、国際規格ISO14001の環境マネジメントシステムに「CSR」の要素を加えた独自の「CSR・環境マネジメントシステム」として運用し、ISO14001認証の取得・維持を通じ、事業活動全般について継続的な改善に努めています。

方針(CSRの考え方)

CSR・環境マネジメントシステム

主要なグループ会社で構成する「グループCSR・環境推進本部」を中心とし、ISO14001のPDCAサイクルを活用した実効性のある推進体制を構築しています 。

CSR・環境マネジメントシステム

PDCAの仕組み

CSR・環境マネジメントシステムを基盤として、部署ごとにCSR・環境に関する推進計画を作成し(P)、部署全体で取組みを行っています(D)。また、目標に対する成果・進捗について半期ごとに振り返りを実施し(C)、更なる取組み推進・改善につなげています(A)。

対話型内部監査の実施

対話重視の内部監査を行うとともに、内部監査を通じて各部署の特性に応じたCSRを推進するよう働きかけています。2014年度は損保ジャパン日本興亜、セゾン自動車火災、そんぽ24など、26部門で内部監査を実施しました。