このページは旧日本興亜損保の商品・お手続きに関する情報を掲載しています。 Q.平成24年1月の生命保険料控除制度の改正によって、控除される適用限度額はどのように変わりますか?

A.新制度適用契約については、「一般生命保険料」「介護医療保険料」「個人年金保険料」のそれぞれにおいて、所得税4万円、住民税2.8万円が限度となりました。なお、一般生命保険料・介護医療保険料・個人年金保険料のそれぞれの控除額を合計したものが生命保険料控除制度全体の控除額となりますが、全体の控除額は所得税12万円、住民税7万円が限度となります。

  • 旧制度適用契約については、引き続き「一般生命保険料」「個人年金保険料」それぞれにおいて、所得税5万円、住民税3.5万円が限度となります。なお、一般生命保険料・個人年金保険料のそれぞれの控除額を合計したものが生命保険料控除制度全体の控除額となりますが、全体の控除額は所得税10万円、住民税7万円が限度となります。
  • 旧制度適用契約と新制度適用契約がある場合など、生命保険料控除の対象となる保険契約と控除対象保険料の詳細については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜営業店までお問い合わせください。
  • 関連ページ: