このページは旧日本興亜損保の商品・お手続きに関する情報を掲載しています。 Q.保険料控除制度にはどのような種類があるのですか?

A.保険料控除制度には、地震保険料控除と生命保険料控除の2種類があり、旧日本興亜損保が取り扱う保険で、保険料控除の対象となるものは下表のとおりとなります。

保険料控除制度 対象となる保険
地震保険料控除制度
  • 火災保険(含む積立火災保険)にセットされている地震保険
  • 「長期損害保険契約の経過措置」対象契約
    ご契約期間の初日始期が平成18年12月末日以前、かつ、ご契約期間が10年以上、かつ、 平成19年1月1日以降に保険料の変更を伴う変更がない積立火災保険・ 積立傷害保険
  • 地震保険料控除制度は、平成19年1月の税制改正により損害保険料控除制度が廃止され、新たに新設されたものです。上記の要件を満たす長期損害保険契約は、引き続き、地震保険料控除制度の経過措置として、保険料控除制度の対象とされました。(なお、所得補償保険、介護費用保険、介護補償保険、医療費用保険、医療補償保険 などは、平成13年の税制改正で、損害保険料控除の対象から生命保険料控除の対象となったものです。)
生命保険料控除制度 一般生命保険料控除
  • ご契約期間の初日が平成23年12月31日以前のご契約
    ・医療、介護、所得補償保険などの保険契約
介護医療保険料控除の対象
  • ご契約期間の初日が平成24年1月1日以降始のご契約
    ・医療、所得補償保険などの保険契約
  • 生命保険料控除制度は、平成24年1月の税制改正により「一般生命保険料控除」および「一般年金保険料控除」に加え、新たに「介護医療保険料控除」が創設されました。これに伴い、改正前は「一般生命保険料控除」の対象となっていた医療保険、所得補償保険などについてはご契約期間の初日が平成24年1月1日以降のご契約から「介護医療保険料控除」の対象となります。