このページは旧日本興亜損保の商品・お手続きに関する情報を掲載しています。 Q.建物の構造により、保険料は変わりますか?

A.はい、変わります。
火災保険では、建物ごとに火災の危険度などの差があるため、建物の建築材料や耐火性能に応じて、専用住宅の場合はM構造(マンション)、T構造(耐火・準耐火)、H構造(その他)の3区分、専用住宅以外の場合は1級、2級、3級の3区分に分類(これを「構造級別」といいます。)し、保険料にも差が出る仕組みとしています。
構造級別は、次のように分類されます。