このページは旧日本興亜損保の商品・お手続きに関する情報を掲載しています。 Q.超過保険、一部保険とはどのような意味ですか?

A.超過保険とは、ご契約金額(保険金額*1)が保険の対象(建物・家財など)の実際の価額(保険価額*2)を超えていることをいいます。この場合、実際の価額を超えた部分については保険金のお支払い対象とはなりません。
一部保険とは、ご契約金額(保険金額)が保険の対象(建物・家財など)の実際の価額(保険価額)に満たないことをいいます。この場合、保険金の支払額が実際の損害額よりも少なくなるときがあります。

  • *1保険金をお支払いする事故が生じた場合に、損保ジャパン日本興亜がお支払いする保険金の限度額(補償限度額)をいいます。
  • *2保険の対象の評価額を金銭的に評価した額をいいます。