旧損保ジャパン 第三分野商品の保険金不払事案に係る検証結果等について

このページは旧損保ジャパンの情報を掲載しています。

2006年10月31日

このたび損保ジャパンは、第三分野商品において、約款に規定された免責事項に該当するなどの理由で保険金のお支払いに至らなかった事案について、その判断に至るまでの査定実態を検証いたしましたのでご報告申し上げます。

  • 第三分野商品とは医療保険、がん保険、所得補償保険、医療費用保険および介護費用保険のほか、疾病または介護を支払事由として保険金を支払う特約を含みます。(ただし、海外旅行保険は除きます)などです。

検証の結果、疾病の状況に関する客観的な事実関係の確認が不十分であるなど、疾病や介護を補償の対象とする商品として、細心の確認を要する不払いの判定について、対応が十分ではない事案が発生していることが判明しました。
保険事業の根幹をなす保険金支払業務において、このような事態を招いたことを深く反省し、お客さまおよび関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。

今後、第三分野商品の適切な保険金支払業務を遂行するための再発防止策を早急に実施いたします。また、第三分野商品を含むすべての保険金のお支払いについて、あらゆる観点から検証を継続的に実施するとともに、全社を挙げて更なる再発防止や改善のために必要な措置を実行し、信頼回復に向けてこれまで以上にお客さまの目線でサービスの提供に取り組み続けます。