1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 戦略的リスク経営(ERM)

戦略的リスク経営(ERM)

 SOMPOホールディングスは、お客さまの視点ですべての価値判断を行い、お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスを提供し続けるために、財務の健全性を確保しつつ、企業価値の向上を目指しています。
 「戦略的リスク経営」(ERM:Enterprise Risk Management)では、グループの企業価値の最大化を目的として、資本・リスク・リターンのバランスを適切にコントロールし、財務健全性の確保、資本効率の向上、リスク対比の収益性向上を実現します。
 損保ジャパン日本興亜は、グループの中核事業会社として、グループの利益目標の達成を牽引すべく、戦略的リスク経営を推進しています。

戦略的リスク経営(ERM)

戦略的リスク経営に関する態勢

 SOMPOホールディングスは、グループベースの戦略的リスク経営に関する「グループERM基本方針」を定めるとともに、経営戦略をERMの観点から体系化・明確化するため、リスクテイクの指針となる「グループリスク選好」を定めています。
 損保ジャパン日本興亜は、「グループERM基本方針」等に沿って、当社における戦略的リスク経営の枠組み(PDCAサイクル)や体制などを「ERM基本方針」に定めています。この基本方針では、戦略的リスク経営を支えるため、損保ジャパン日本興亜およびグループ会社のリスクの状況を的確に把握し、各種リスクを統合して管理することなどを定めています。さらに基本方針に基づき、必要な組織体制、業務遂行に関する重要な事項について、「リスク管理規程」等で定めています。
 取締役会は、「ERM基本方針」を制定するほか、SOMPOホールディングスが定める「グループリスク選好」に沿って、事業計画とあわせて、リスクテイク計画を策定します。
 社長は、経営会議の協議を経て、リスク許容度に関する対応方針・対応策を決定します。また、経営会議の諮問機関として、統合的リスク管理委員会を設置しています。
 統合的リスク管理委員会では、リスク管理に関する重要な事項の審議を目的とし、経営陣は損保ジャパン日本興亜およびグループ会社のリスク状況を把握したうえで、適切な意思決定を行います。
 リスク管理部は、リスク管理態勢を整備・推進する役割を担います。さらに、各リスク管理部門は、経営に重大な影響を及ぼし得る保険引受リスク、資産運用リスク、オペレーショナル・リスクおよび流動性リスクについて、リスクを定性・定量の両面から評価し、適切にコントロールしています。

組織体制図

損保ジャパン日本興亜に関するお問い合わせはこちら

0120-238-381(通話料無料)カスタマーセンター平日:午前9時~午後8時 土日・祝日:午前9時~午後5時(12月31日~1月3日は休業)

お問い合わせに関するご案内