人材育成

社員人材力日本一の実現

当社は目指す企業像・ビジョンを実現し世界で伍していく会社となるために、SOMPOホールディングスグループの人事ビジョンに則り「人物・仕事本位」、「公平・フェア」、「オープン」、「ダイバーシティ」を徹底し、社員人材力日本一を実現します。
「求める人材像」に向けて、全社員が能力開発・自己研鑽に取り組みます。また、「現場力の発揮」に向けて、一人ひとりが自発的に学び、考え、確実に業務遂行するだけでなく、新たな価値を生み出す改善や創意工夫を自律的・継続的に行うことができる人材の育成態勢強化・風土醸成を進めます。

<求める人材像(目指す姿)>

  1. お客さまの声、社会の変化を真摯に受け止め、常に誠実さを心がけ、最高品質の安心とサービスをスピード感をもって提供できる社員
  2. 自ら考え、自律的に行動し、学び続け、失敗を恐れず常に高い目標に向かってチャレンジし続ける社員
  3. 常に未来志向で変化に強く、革新的な行動と強いリーダーシップでチームのパワーの最大化を図れる社員
  4. 国内外を問わず、ボーダーレスな発想と行動力で地域・社会に貢献できる社員

人材育成重点課題

新中期経営計画における人事方針に基づき、2016年度は以下の3つを人材育成重点課題として推進しています。

新中期経営計画における人事方針
人材力の強化に徹し、社員の「強み」に着目した育成を推進することでモチベーションに溢れ、変化に強い人材を育成する

1.マネジメントの強化

管理職はメンバーの育成・指導を通じて「強み」を見出し、引き伸ばすとともに、多様な「強み」を組織力発揮につなげる「人を活かす」マネジメントを推進します。組織のリーダーとして「あるべきリーダー像」を実践し、組織力の最大化を実現します。

<あるべきリーダー像>

人間尊重を基本に、人を育て人を活かし、組織力でビジョンを実現するリーダーとして、以下3点を実践する。

  • 【リーダーシップ】組織の『経営者』として、ビジョンを描き、メンバーと共有し、全員の力で力強く変革を実現する。
  • 【人づくり】自ら学び自らを磨くと共に、仕事を通してメンバーに成長の機会を与え、キャリアビジョンの達成を支援し、世界に伍していく人材を育成する。
  • 【活力ある職場づくり】メンバーの主体性を促し、役職や経験にかかわらず自由闊達に議論ができる風通しの良い職場を創造し、組織力を最大化する。

2.一人ひとりの「強み」の発揮

一人ひとりが「強み(実務上の高い能力・スキル)」を発揮することにより、高い成果を挙げることができる人材を目指します。

3.ダイバーシティ戦略

女性活躍推進

多様性に富む真に実力がある管理職(候補者含む)の輩出など、より一層の女性社員の活躍推進に向けた育成を強化します。

グローバル人材・コア人材育成

世界で伍していくグループの実現に向けて、グローバルベースで活躍できる人材およびグループの経営を担う人材の輩出に向けた育成を推進します。